実証実験は、イベント会場にてリーダー育成受講者が参加者を募集するものです
受付では、実施方法を説明のうえ、先着10名を用意するジャンボタクシー2台に分乗、
佐賀関半島東端にある日本渚百選「黒ヶ浜」まで移動、車内ではリーダーによる観光
案内や歴史をPRします。
 黒ヶ浜(大黒集落)では、中庭で地元の人々と「くろめの切り方」「くろめしょうゆ漬け」
の郷土料理を体験します。会場へ戻る途中「大分市関崎海星館」を案内します。
豊後水道の眺望と館長のユニークな案内がきっとお気に入り!間違いなし~♪
 出発地点まで、約3時間の予定です。

 佐賀関半島・触れる観光プロジェクト事務局
TOPページ

Community Development

プロジェクトの目的は!

人口減は地域の実情も重なり続く。この事業は、地域の歴史と一次産業の実態を若者中心に
リーダーを育成するもの。2015年から、日本文理大学が「地(知)の拠点整備事業」として佐賀
関(旧佐賀関町)において「地域創生人材」育成するために「ステークホルダーとの協働」によ
る教育カリキュラムが始まる。大学と協働によるキーワードは「触れる観光=魅力化」地域住民
やNPO法人及び地域産業企業がステークホルダーとなりリーダーを育成する。育成講座の成果
を実証実験「佐賀関半島・触れる観光」を2016年3月12日「関あじ関さばまつり会場にて実施する。


inserted by FC2 system